夏が乾燥肌を作る。その原因は…

こんにちは☺
大阪福島 中之島 肥後橋
リンパ・プラズマフェイシャルエステLa-Lima(ラリマ)です🌴

夏の甲子園がおわりました。
大阪桐蔭、圧巻の強さでしたが
秋田の県立金足農業高校の吉田投手のインタビューみて涙出ました。
甲子園は自分たちを強くしてくれたって。かっこいい言葉です・・・
まっすぐに頑張る姿、私は美しいものの一つに思います。

 

 

 

さて、夏の熱い日差しを受けているお肌。
保湿ケアは、十分にされていますか?
暑いし、冬じゃないから、まだ大丈夫と思われていませんか?

夏は、汗でお肌の乾燥を感じにくいですが
実はめちゃくちゃ乾燥するのが「夏」なんです。
理由は、日焼け止めに配合されている「紫外線吸収剤」が原因。

 

 

 

 

紫外線吸収剤は、日焼けや紫外線をしっかり防ぎますが
お肌の細胞を酸化させて、肌のバリア機能を壊していきます。
また、汗でも落ちにくい日焼け止めは、クレンジングをしっかりしないと落ちないので
クレンジングをしっかりする場合は、お肌の皮膜をとりすぎて、油分・水分が失われていまいます。
だからといって、しっかり落としていないと、毛穴はつまり
角質は厚くなり、お肌のターンーオーバーは乱れて、お肌の生まれ変わりがスムーズにいかなくなってしまいます。

夏のお手入れ不足は、冬の乾燥を促進させているかもしれません。

紫外線吸収剤の成分は例えば…
・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル➡日本で一番使われている
・オキシベンゾン-3

是非一度お使いのものをみてみてください。

比較的刺激が強くない日焼け止めを選ぶには
「紫外線散乱剤」がよいといわれています。
ノンケミカルや、紫外線吸収剤不使用と書かれているものは、紫外線散乱剤が使われています。
お子さまでも使用できるタイプのものは、紫外線散乱剤を使っています。
日焼けや紫外線をブロックする力は、紫外線吸収剤より弱いのが気になりますが
気になる方は、UVサプリで中からブロックするのもよいと思います☺

夏こそ保湿、是非してくださいネ💓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP